有限会社あさひ農研

あさひ農研では、酒造りに適した酒米を生産するほか、棚田保全を通して自然環境を考えた農業に取り組んでいます。

事業内容

農産物の生産、加工、販売、農作業の受委託及び請負耕作
これに付帯する業務

作付品種

五百万石、たかね錦、越淡麗、千秋楽、ゆきの精、コシヒカリなど
(減農薬、減化学肥料による契約栽培を主とする)

作付面積

総面積56ha(水稲46ha、転作10ha)平成26年時点

主な沿革

平成2年12月 農業生産法人「有限会社あさひ農研」設立
松井市太郎が代表取締役に就任
平成3年 4月 酒造好適米「五百万石」の契約栽培開始
平成3年 10月 朝日酒造に出向 仕込み期間は酒造り(以後毎年)
平成6年 4月 「たかね錦」の契約栽培開始
國武正彦(元新潟県農業試験場長)が顧問に就任
平成9年 1月 松井清作が代表取締役に就任
平成9年 4月 「千秋楽」の契約栽培開始
平成12年10月 新潟県農業経営基盤強化促進事業において優良認定農業者の部で受賞
平成13年 1月 松井清作が平成12年度毎日農業記録賞を受賞
平成15年 5月 松井聡が代表取締役に就任
平成16年 7月 エコファーマーに認定
平成17年 2月 農産物検査における検査機関に登録
平成18年 1月 新潟県認定生産組織

pagetop